利用規約

ご利用規約

本規約の範囲
本規約は、ameli(以下、当サロンという)が提供するサービスについて規定したものです。

会員
1.本規約を承認の上、規定の入会手続きを完了後、当サロンで承認した方を「会員」とします。
2.当サロンが会員として不適合と判断した場合、入会の不承認または退会を行う場合があります。

会員の個人情報
1.個人情報は、当サロンが所有するものとし、個人が特定できる情報(氏名・住所・電話番号・ メールアドレス)については、本サービス提供に必要な範囲内での委託先への預託の他、 会員本人による開示の承諾があるものを除き、原則として、社外への提供は行わないこととします。
2.前項にかかわらず、以下の場合については、当該会員の同意なく会員登録情報の一部 (氏名・住所)を開示することがあります。
(1)当サロン及び他の会員もしくは第三者に不利益を及ぼすと判断した場合、警察または関連諸機関に開示する場合
(2)警察、裁判所、検察庁、弁護士会、消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から、登録情報の開示を求められた場合、当サロンがこれに応じることを判断した場合
3.当サロンは、入会の際に会員の申告する登録情報のすべての項目に関していかなる虚偽の申告も認めないものとします。
4.会員の登録情報に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の手続き行うものとします。

会員の禁止事項
(1)公序良俗に反する行為
(2)犯罪行為に結びつく行為
(3)法令等に違反する行為
(4)当サロン及び他の会員もしくは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
(5)当サロン及び他の会員もしくは第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
(6)当サロン及び他の会員もしくは第三者に不利益を与える行為
(7)当サロン及び他の会員もしくは第三者を誹謗、中傷する行為
(8)当サロンの運営を妨害、或いは当サロンの信頼を毀損するような行為
(9)当サロンの承認を得ないで行う当サロン会員の身分を利用した全ての営業行為
(10)選挙運動もしくはこれに類似される行為、または公職選挙法などの法令に違反する行為
(11)入会手続きを含めた当サロンが行う全てのアンケートに対し、虚偽の回答を行う行為
(12)サロン内での喫煙行為
(13)その他当サロンが当該会員の行為として不適切であると認めた行為

会員資格の抹消
1.以下の項目に該当する場合、当サロンは、当該会員への事前通知、承諾なしに会員資格を抹消することができるものとします。
(1)前項に定める禁止事項その他本規約の各条項に違反した場合
(2)入会時及びその後のアンケートによるメンバーの申告情報が故意による虚偽の申告と当サロンが認めた場合
(3)当サロンが、認めない不正な行為があった場合
(4)その他当サロンが不適切と判断した行為があった場合

その他の事項

1.お客様が未成年者の場合、カウンセリング前に親権者の同意(直筆の署名と捺印)を必要とします。 2.当サロンは、施術の提供記録を作成し、その記録を一定期間常備するものとする。
3.当サロンは、重大なる過失により発生した場合を除きその原因の如何を問わず一切の損害賠償責任、慰謝料支払責任を有しないものとする。
4.回数券は、対象コース以外での使用はできません。また、回数券の残が20%以下の場合、残回数を残金額に変換し、新しいコースの購入に利用することが可能です。

フェイシャル
1.下記の項目に該当する場合は、施術を受けることができません。(施術前に必ず、申告して下さい。)
□医療用電子機器を使用している方。
□心臓病・伝染病・妊娠中の方。
□皮膚感覚に異常がある方。
□てんかんの発作の既往症がある方。
□悪性腫瘍がある方。
□美容整形等で皮膚の下にシリコンが入っている方。
□治療等で体内に金属が入っている方。
□医師の治療を受けていて、何らかの障害がある方。

2.下記の項目に該当する部位は施術できません。(施術前に必ず、申告して下さい。)
□切り傷等の外傷部分。
□皮膚の病変(炎症)部分。
□化粧品等による皮膚炎部分。
□過度の日焼けによる炎症を起こしている部分。
□かゆみや火照りのあるシミ部分。
□物理的刺激等による病的なシミ(白斑や白皮症)部分。
□単純口唇、ヘルペス部分。

ボディ
1.下記の項目に該当する場合は、施術を受けることができません。(施術前に必ず、申告して下さい。)
□医療用電子機器を使用している方。
□心臓病・伝染病・妊娠中の方。
□発熱、けが等の急性疾患の方。
□皮膚感覚に異常がある方。
□てんかんの発作の既往症がある方。
□悪性腫瘍がある方。
□治療等で体内に金属が入っている方。
□医師の治療を受けていて、何らかの障害がある方。
□その他、安静を必要とする病気の方。

2.下記の項目に該当する部位は施術できません。(施術前に必ず、申告して下さい。)
□切り傷等の外傷部分。
□皮膚の病変(炎症)部分。
□治療等で体内に金属が入っている部分。

脱毛
下記の注意事項をよくお読み下さい。

・心臓病の方:安全性を確保するためにお断りしております。
・ペースメーカーなど循環系機器をご使用中の方:光線は電磁波の一種ですから機器のリズムを乱す恐れがあります。
・婦人科系疾患の方:ホルモンのバランスが崩れている場合などは影響で多毛症になることがあります。
・妊娠中の方:どのような脱毛方法でも妊娠中の身体には刺激を与えてしまうので、早産や流産につながる可能性があります。出産後3ヶ月を過ぎて生理が始まってから脱毛してください。
・糖尿病の方:免疫力が下がっているためです。脱毛処理後に回復が遅れることがあります。
・アトピー性疾患のある方:喘息・じんましん・皮膚炎等で症状の重い方は、脱毛処理後に発疹がとれにくくなることがあります。
・心臓、肝臓、腎臓など慢性臓器疾患のある方:脱毛処理を行うことによって、症状に悪影響を与えることがあります。
・皮膚のケロイド部分:施術できません
・日焼け直後・日焼けの残っている方・スポーツ等で肌に熱を持っている方:皮膚が炎症を起こしている状態ですので脱毛処理できません。
・皮膚ガン・皮膚炎など皮膚疾患のある方:脱毛処理を行うことによって、症状に悪影響を与えることがあります。
・光線過敏症(ポルフィリン症)の方:症状が現れて悪化させる可能性があります。
・高血圧で数値が200以上になったことのある方:安全性を確保するためにお断りしております。
・多毛症の方:サロンでは施術できません。クリニックでの治療となります。
・経皮吸収型薬剤を使用の方(喘息・痛み止めのシップを使用の方):安全性を確保するためにお断りしております。
・光感受性を高める薬を内服している方、ステロイド剤を服用又は塗布・注射されている方、その他持病のある方:安全性を確保するためにお断りしております。